Archive for the ‘book’ Category

森巣 博さん

Wednesday, February 24th, 2010

アカデミーヒルズ森巣博さんのお話が聞けるというので行ってきました。お話なんてものではなく、講演タイトルには「炸裂トーク」と書かれていたが。雑誌『クーリエ・ジャポン』の連載で初めてこの作家を知って、過激でユーモアがあって、でもすごく正論で知的な文章がとても気に入ってしまった次第。

プロフィールには「オーストラリア在住の博奕打ち兼作家」とあります。
博奕打ち??というとこからして衝撃なのですが、実は誤解(私が勝手に)もあって、オーストラリア在住というところで、勝手に日本人ではないと信じ込んでしまっていた。三浦按針が実はウィリアム・アダムス的なことで、きっとモーリスさんという人なのかも〜、それにしても日本語の文章が達者過ぎるな、などと。まあ、誤解はほどなく解けたのですが、森巣さん曰く「日本人とは『日本人論』で語られるところの枠組みに入る人」なので、そういう意味では森巣さんはやはり日本人ではないのだろう。

テーマは「境界」。折しも、バンクーバーオリンピックでにわかナショナリズムが盛り上がっている時期にぴったり!? ナショナリズムやアイデンティティについての熱い話に。
「境界とは元からあるものではなく、作られるもの与えられるもの」そうそう!
「社会は異質なものの集合体であるが故に豊で美しい」まさに!
そして最後に念を押すようにも「もう一度言います」と強調して言っていたフレーズが「全ての人間は外国人である」その通り!

個人的にずしっときたフレーズはこれ「希望が絶望に変わるのは、それをあきらめた時」
だよね、がんばらねば。

Licca Book

Thursday, July 2nd, 2009

Licca Bookこれまたお誕生日プレゼントに、ナオヨちゃんからこんな可愛い本をもらっちゃいました。「Licca Book -リカちゃんBook-」。初代から4代目までの歴代リカちゃんのファッションがたっぷり紹介されています。さらには、リカちゃんだけでなく、ママやボーイフレンド、いもうとやおとうと(いたんだ!)、お友達まで。

が、実はワタクシ、幼少時代リカちゃん人形で遊んだことがないんですわ。理由は二つ、人形よりぬいぐるみが好きだったことと、両親が娘と同じ名前の人形を買おうとしなかったこと。リカちゃんがリカちゃん人形と遊んでしまったらアイデンティティが確立されないという配慮だったのかもしれない(あくまで想像)。

なので、この服持ってた〜とか、リカちゃんハウス懐かしい!とか言いながらページをめくるのが正しい楽しみ方なのかもしれないが、どのページもとてもとても新鮮w
冒頭に「リカちゃんのすべて」というプロフィールが書かれたページがあるのだけど、その中に、「なやみ…フランスにわたった父がわかならい」とあるのにもびっくり!お母さんがデザイナー、お父さんがフランス人というのは知ってたけど、そんなことになってるとは…子供のおもちゃにしてはシリアスな設定よね。。。
そういえば「Licca」ってフランス語の綴りだ。Rika(英語)でもRica(スペイン語)でもなくて。

ちなみに、今仕事で関わっているBlythe Dollは、リカちゃんと同じタカラトミー社製。初代ブライスは、顔はブライスだけどボディはリカちゃん人形のボディでリリースされたのでした。やはり何か縁があるのかも!?

ま、というわけで、この本がMy First リカちゃん人形なのでした♪

シェアハウスの魅力

Monday, March 23rd, 2009

冷蔵庫の中も!

冷蔵庫の中も!

友人のカメラマンから面白い本が送られてきた。

NYCのシェアハウス―「共に住む家」の個性派インテリア
撮影:渡辺慎一 文:Rai
株式会社エクスナレッジ

タイトルどおり、ニューヨークのシェアハウス20件がたっぷりの写真と共に紹介されている。友達、恋人、家族、などなど様々な構成で暮らす住人のバックグランドやインタビュー、そして間取り図面まで載っていて、パラパラと眺めるのも良し、じっくり読むのも良しというつくり。
そもそもの間取りがとてもユニークで、細長〜い間取りや壁が斜めだったりどれ一つとして似たものがない。うらやましいのは、賃貸であるにも関わらず内装をそれぞれにアレンジしていること。
どうも日本の風習だと賃貸物件の場合、壁に釘ひとつ打つのでもビクビクである。ましてや壁紙を張り替えたり色を塗ったりなんてとんでもない!原状回復費という”罰金”を払う覚悟があれば別だが。。。

ニューヨークのアパートメントは築50〜100年程度の建物が珍しくはない。

とのこと。床の木材や壁のレンガ、しっくいなどは自ずとエイジングされるし、モザイクタイルのパターンや天井に掘られた文様もその時代の流行りなのか、かつての住人の気まぐれなのか様々。ルームメイトが入れ替わりながら住み続けるのだから”原状回復”するチャンスはないのである。
シェアハウスは安く暮らす手段としてだけではなく、建物の歴史とそこに住まう人間の歴史が共存できるしくみとしても、とても魅力的だと思う。