Archive for the ‘web’ Category

再びIKEAへ

Wednesday, May 27th, 2009

ちなみに…My first IKEAはストックフォルムのIKEA本店

ちなみに…My first IKEAはストックフォルムのIKEA本店

先日港北店に行ったところで、IKEA熱に火がついた…というわけではないですが、まだ行ったことのない新三郷店に行ってみようと再び車を走らせる。これで、船橋、港北、新三郷と関東圏のIKEA全制覇ですわ♪

ちょっとここでアクセス比較。都内から車で行く場合のご参考に〜
【船橋店】
×花輪IC下りてから近いのはいいのだが、近接している「ららぽーと」目的の車も多いため、インター下りる前から渋滞…
×周囲の道路が整備されていないため、閉店時間直後は、やはり「ららぽーと」帰りの車と一緒に周辺大渋滞祭り。

【港北店】
○港北IC下りてすぐ。行きも帰りもインター周辺の渋滞はなし。
△ウチ(代々木)から行く場合、第三京浜に乗るまでが遠い。246が渋滞してると意外に時間がかかる。

【新三郷店】
△三郷IC下りてから若干距離はあるが、広い道が整備されていて行きやすい。
○首都高C2ラインが開通したおかげで、ウチ(代々木)のすぐ近くから高速にのれる。

まとめると…
高速道路へのアクセスとIKEA周辺の道路事情を考慮すると、世田谷区など第三京浜へのアクセスが便利な場合は港北店が、渋谷区や新宿区など首都高C2ラインへのアクセスが便利な場合は新三郷店がおすすめ。というところでしょうか。
基本的に、扱っている製品は同じ、店舗レイアウトも同じ、サービスも同じですから、アクセスの善し悪しはどの店に行くかの判断材料としてとても大事。

この8桁の数字

この8桁の数字

あ、それから今回使ってみて便利だったのが、在庫を電話で問い合わせるという方法。もちろんウェブサイトの商品ページには「在庫を確認」というボタンがあって、目的の商品がこれから行こうとしている店舗にあるか、の確認ができるというしくみになっている。

たまたま見つけた商品が限定商品のためか「在庫を確認」ボタンがついてなく、店舗に電話したところ自動音声での対応。アナウンスに従って商品につけられている8桁の数字を入力すると、自動音声ですぐに在庫を教えてくれた。必要にして十分な対応である。この程度のことでAnnaへ質問する必要もないだろうw
ウェブサイトではなく紙カタログ見ながらでも在庫の確認ができるし、一度買った製品を買い増したい時などにも活用できそう。

で、話だいぶそれましたが、新三郷店では、テラス用のベンチ、植栽用の棚、パーティー用のお皿(割れても悲しくない価格!)などを購入。
これで準備はばっちり〜いつでもBBQパーティできます!!

オンナの条件

Sunday, May 10th, 2009

端正なひと 50の条件

端正なひと 50の条件

1. 健康であること。
まさに!新型インフルエンザで大騒ぎのこの時期のためにあるような言葉であるが、これはカネボウ化粧品のImpressというブランドが提唱する「端正なひと」になるための50の条件のうちの一つ。
実は、このサイトの制作を手がけていて、商品リーフレットなどに掲載されていた50の条件を、この度サイト上でも紹介することになり制作したのがこのページ。
プリントアウト用のPDFファイルも、50個の条件が次々に現れるスクリーンセーバーもあるという、しつこい…もとい親切設計になっておりますので、ぜひぜひご覧いただいて「端正なひと」を目指してくださいませ。

ちなみに、もう少し紹介すると、
2. 背筋がいつもぴんと伸びていること。
3. 美しい日本語を話すこと。
4. どんな時もにこやかに「おはよう」が言えること。
5. いつ誰に対しても礼儀正しいこと。

はい、続きはウェブで(笑

それから、こちらは別の50の条件。雑誌Numéro TOKIOの「大人の女の50ヵ条」。
さすがNuméroらしい、自由奔放でオトコ気すら感じさせる条件が並んでいてステキです。あなたはいくつ当てはまる?とあるが、自信を持って言えるのはやっぱりこれ…
「縦列駐車が得意」

え…?意味じゃなくて読み仮名なの!?

Monday, March 2nd, 2009

とあるイベントに行く予定で、概要を見ようと、とあるサイトにアクセスして軽く驚いた。昨今あまり見かけなくなったと思っていた『オーバーで言語が切り替わる』グローバルナビゲーションが健在。わぉ…えっと、お付き合いのあるクライアントさまだったり、知り合いor友人の会社が制作している可能性があるので、どこのサイトかは割愛。

default: 英語→over: 日本語、そのココロは?

ちなみに、サイト自体の言語切り替えが別に用意されていて、別の言語に切り替えるとdefault: 英語→over: 英語。中国語や韓国語を選んでも、である。

ふむ、グローバルスタンダードである英語で共通のナビゲーションを用意し、日本人には親切に日本語を補足、ということですか。ん?ちょっとおかしくない?default時の英語を理解できるのだったら、ナビゲーションの表記は英語のままでいいだろうし、default時の英語を理解できないとしたら、想定ターゲットが理解できない言語でナビゲーションを作っている時点でNGでしょ。

と、ここまできて、さらに驚き…メニューの1つが、

default: About XXXXX→over: アバウトほにゃらら

このように切り替わる。読み仮名ですか?ここはAboutという英単語の意味「〜について」を表記じゃないの? 一方で「Concierge Recommend」のover表記は「コンシェルジュのオススメ」となっている。前述のルールでいくと「コンシェルジュ レコメンド」となるはずなんだけど。ま、「お薦め」でも「おすすめ」でもなくて「オススメ」なの?という別のツッコミもあるんだけどね。。。