Licca Book

Thursday, Jul. 2, 2009

Licca Bookこれまたお誕生日プレゼントに、ナオヨちゃんからこんな可愛い本をもらっちゃいました。「Licca Book -リカちゃんBook-」。初代から4代目までの歴代リカちゃんのファッションがたっぷり紹介されています。さらには、リカちゃんだけでなく、ママやボーイフレンド、いもうとやおとうと(いたんだ!)、お友達まで。

が、実はワタクシ、幼少時代リカちゃん人形で遊んだことがないんですわ。理由は二つ、人形よりぬいぐるみが好きだったことと、両親が娘と同じ名前の人形を買おうとしなかったこと。リカちゃんがリカちゃん人形と遊んでしまったらアイデンティティが確立されないという配慮だったのかもしれない(あくまで想像)。

なので、この服持ってた〜とか、リカちゃんハウス懐かしい!とか言いながらページをめくるのが正しい楽しみ方なのかもしれないが、どのページもとてもとても新鮮w
冒頭に「リカちゃんのすべて」というプロフィールが書かれたページがあるのだけど、その中に、「なやみ…フランスにわたった父がわかならい」とあるのにもびっくり!お母さんがデザイナー、お父さんがフランス人というのは知ってたけど、そんなことになってるとは…子供のおもちゃにしてはシリアスな設定よね。。。
そういえば「Licca」ってフランス語の綴りだ。Rika(英語)でもRica(スペイン語)でもなくて。

ちなみに、今仕事で関わっているBlythe Dollは、リカちゃんと同じタカラトミー社製。初代ブライスは、顔はブライスだけどボディはリカちゃん人形のボディでリリースされたのでした。やはり何か縁があるのかも!?

ま、というわけで、この本がMy First リカちゃん人形なのでした♪

BBQパーティ vol.2

Sunday, Jun. 28, 2009

BBBQ上からの図&目下火おこし中

BBQ上からの図&目下火おこし中

日曜日の午後、第2回BBQパーティが開催されました〜パチパチパチ…と喜んだのも束の間。最初ポツポツと落ちてきた雨粒が、段々と強くなってきて。。。。うーん、天気予報では曇りだったのになぁ
しかも、なかなか炭に火が付かず…男子総がかりで悪銭苦闘。やっと火が安定した時には、汗と雨でびっしょりという有様。
すみませんでした〜客人なのにいきなりの大仕事で。

この日集まったのは、同業のブンペイくん、大塚さん、柴田さん、大塚さんのお友達の内山さん、アパレルのプレスをやってて近所に住んでるゆのくん。それから、かれこれもー長いお付き合いのよしえちゃん、そしてイーヨーさん。

焼いたものは、
・きのこのホイル焼き
・とうもろこし
・ソーセージ
・イカ(イチ押し!)
・エビ
・チキンのタンドリー風(いつもの)
・チキンのレモンガーリック風味(いつもの)
・牛ステーキ

そのうち雨止むよ〜なんていいながら、焼いて食べて焼いて食べてしてましたが、一向に止む気配はなく(泣
元々テラスの半分には屋根がかかっているので、雨の当たらないところにテーブルを移動。さらに、上記写真の格子状の部分にレジャーシートや傘を拡げて雨をしのぐ羽目に。
なんだろ、パーティというよりキャンプというかサバイバルというかw でも、というか、だからなのか、すっごい盛り上がりました〜、あ〜楽しかった。
雨でもBBQパーティが出来ることを実証できたし!もうコワイものなしですわ。

うれしいことに、バースデーケーキをいただいちゃいました。お花も♪ Thank you all!
cake and flower

梅酒2009

Saturday, Jun. 27, 2009

ume_shu2009梅雨のこの時期、天気はいただけないのだが、この時期ならではの楽しみの一つが梅酒作り。週末の土曜日、ようやく晴れた!ので、さっそく梅酒を漬けました。

漬ける時に使うお酒はホワイトリカーを用いるのが普通なんだけど、違うお酒で梅酒を漬けよう!というテーマを掲げていろいろ実験中〜
去年は、お酒だけでなく砂糖も変えて、
・ブランデー+黒糖
・ウォッカ+はちみつ
の2種を漬けてみました。

ブランデー仕立てはブランデー自体の味と黒糖のコクが混ざり合い、想像通り濃厚な味。色も濃い仕上がりで、黒糖が完全に溶けきらないようで、若干濁った感じ。
一方、ウォッカ仕立てはすっきりさわやかな飲み心地。色もキレイな琥珀色に仕上がりました。
やはりきれいに砂糖を溶かそうと思ったら、氷砂糖の方がよさそうだわ。ふむふむ。

これが2008年モノ

これが2008年モノの2種

味については意見が分かれるところ。私は後者の方が好みなんだけど、周囲の評判はブランデー仕立ての方が「梅酒っぽい」とのことで、ウォッカ仕立てより人気高し。

それで、今年は、代々木のとある酒屋店主と相談の結果、オススメの泡盛で漬けてみることにしました。砂糖は泡盛の風味と邪魔しないよう、基本に返って氷砂糖を使用。
安いお酒より高いお酒で漬けた方がおいしい梅酒になるよっ、という、店主の言葉を信じてちょっと奮発しちゃった。セールストークに引っかかったのかホントなのか、来年の今頃にその答えがでるはず。

どんな味になるか、乞うご期待!

カレー祭り@concent

Friday, Jun. 26, 2009

左:森くん特製骨付きチキンカレー 右:こっくり栗カボチャのスウィートイエローカレー

左:森くん特製骨付きチキンカレー 右:こっくり栗カボチャのスウィートイエローカレー

金曜日の夜、コンセントのサロンで月例のパーティが開催されました。今月のテーマは、6月とも梅雨とも特に関連がなさそうに思えるが…「カレー」とのこと。コンセントのカレー隊長”カレーレンジャー”こと森くんの監修の下、実行委員メンバーが祭り前日からせっせと作ってくれたのは下記の3種類のカレー。

・森くん特製骨付きチキンカレー
・こっくり栗カボチャのスウィートイエローカレー
・普通のカレー(バーモント系で隠し味あり)

代々木駅前のインド料理店「アヒリヤ」で焼いてもらったナン。炊飯器2台をフル稼働させて作ったサフランライス。ヨーグルト仕立てのサラダ、ライタやタンドリーチキン、ラッシーもあって本格的。

beer飲み物は各国ビールをたんまりと。それと、私が昨年の今頃に漬けた調度1年ものの梅酒を差し入れ。カレーにビールは言うまでもなくグッドコンビネーション!梅酒はどうかな、と思ったのだけどなかなかイケました!そういえばラッシーって結構甘いわけで(私はあまり飲まないのだが)、辛いカレー×甘い飲み物というのはありなんだね。
合わなかったのが日本酒…orz カレーのスパイスと日本酒の風味のアンマッチといったら…
ぜひ、次回は手巻き寿司祭りとかにして、日本酒を楽しみたいわぁ

あ、このビールの写真は、またしてもやっちの写真を拝借しました。
その他の写真はこちらでど〜ぞ→やっちのflickr

そして、そして、カレー繫がりというわけで、友人のみゆきちゃんが祭りに参加。旦那さんであるカリ〜番長の水野くんが作ったカレーを差し入れてくれました。カリ〜番長のカレーは、エビのココナッツカレー。おいしかったよ〜サンキュー♪
最後に、水野くんが最近本を出したというので、簡単にご紹介。「カレー大全」はカレーに関するあらゆるものを集めた図鑑的なもの。ノスタルジックな写真も多く、パラパラとめくってみるだけでも楽しい。
ピンクの表紙の「インドカレーキッチン」はインドカレーのレシピ本で、作りたくなるレシピがたくさん!興味のある方はぜひ〜

flower bouquet

Wednesday, Jun. 24, 2009

Botanical Pen

Botanical Pen

chibirashkaことなおこから、お誕生日のプレゼントをもらいました〜!
えっ、花束!?と思ったら、ちと様子が違う…。なんとボールペンなのでした。その名も「Botanical Pen」。
よく見たら確かに造花チックなんだけどね(ゴメン)、花瓶に挿しておいたら見間違えるよ。
デスクの周りが一気に華やいでステキです♪

なおこ:「お家でも玄関に飾っておいたら、宅急便のサインする時に便利じゃん!」
りか:「え〜でも宅急便のお兄さんにステキアピールしても、ショーガナイよね。」
なおこ:「…」
自分でしといてなんだが、なんて会話だ!?

Botanical Pen Ink: Black
Product design & Production by bonboog
↓こちらで取り扱ってるようです
in Touch

Happy Birthday

Monday, Jun. 22, 2009

cake!

Lucky Large vase

Lucky Large vase

実は明日がお誕生日なのです。コンセントのみんなからお祝いのケーキをいただきました!
Thank you so much!!

左の写真は、昨日、友人のみゆきちゃんからもらったプレゼント。アンドレ・プットマン女史デザインの白くて大きい花瓶。写真では分かりにくいかもしれないけど、上から見ると四つ葉のクローバーを象ったフォルムで、使う人に幸せをもたらしてくれるとのこと。その名も「Lucky Large vase (ラッキー・ラージ・ベース)」。

シンプルな花瓶にはシンプルなお花がいいかな〜、とプレゼントをもらったその足で花屋に寄ったところ、店頭に大輪の紫陽花が。大好きなピンクで、こんな見事に咲きほこっているなんて!ほんとにLucky!!
何の工夫もなくただ入れただけでサマになるのは、花瓶の力か花の力か…きっと両方のパワーだわ。

そうそう、私のベッドルームには、だいぶ以前カッシーナで購入した肘掛けチェアが置いてあるのだけど、そのチェアはアンドレ・プットマン女史デザインのもの。それを知ってる現在カッシーナ勤務のみゆきちゃんは、デザイナー繫がりという心憎いチョイスをしてくれたのでした。さすが〜贈り物上手!

カエルの顔付きタオル!

カエルの顔付きタオル!

そして、もう一つ。これは大阪に住む義姉からいただいたもの。カエルの顔が付いているキュートなタオルは、今年4歳になった甥っ子が選んでくれたとのこと。”Rika”の刺繍もされていて、とてもスペシャルな贈り物。感激です。
義姉はかわいいカエルグッズを見つけてくるのが上手で、これまでにもいろんなカエルグッズをいただいています。どうもありがとうございます〜!

明日は晴れるといいなぁ

BBQパーティ開催!

Sunday, Jun. 7, 2009

ここのところの雨続きの週末&自他共に認める雨女のワタクシ…かなり心配しましたが、日曜日はなんと快晴!新人デザイナーのひらのくんの歓迎会も兼ねて、コンセントのデザインチームスタッフでBBQパーティが開催されました〜(一番右がひらのくん)
3603923438_fd5ffb694e

eva solo バーベキューグリル

eva solo バーベキューグリル

まずご紹介したいのは、このBBQグリル。スタイリッシュなキッチンツールのシリーズで知られるデンマークのブランド「eva solo」のグリル!ステンレスの仕上げが美しすぎます!!

最初、Amazonで注文したものの一向に届かず…7月以降の発送になるとの連絡が入る。「通常2、3日以内に発送します」と書いてあるにも関わらず、である。はぁ〜?どゆこと?? これがなくてはBBQが始まらないよぉ!

慌てて他を探したところ、楽天のNUTSというショップで発見。さっそく注文し事情をメールで連絡すると、とても丁寧に対応してくれて、発送日を前倒しして間に合わせてくれました。助かりました〜

ちなみに、注文した後で見つけたのですが、コンランショップ新宿店でも扱っていました。現物ご覧になりたい方はこちらでどうぞ。

さてさて、その美しいグリルの上で焼かれた方たちはこちら。
・さざえ
・マグロのかま
・マグロのたまご
 ↑以上3品は、つーよーの差し入れ。”マグロのたまご”はとても珍しいもので初めて食べた。巨大なたらこ、といった具合。魚卵好きの私にはたまりません…
・牛ステーキ
・鶏肉のタンドリー風
・鶏肉のレモン&ガーリック味
・きのこのホイル焼き
生で食べられるスイートコーン(from Oisix)
 ↑あ、もちろん生でもおいしくいただきましたが、ちょっと温めるとまた美味!

さざえ、牛ステーキ、鶏肉のタンドリー風、生で食べられるスイートコーン

さざえ、牛ステーキ、鶏肉のタンドリー風、生で食べられるスイートコーン

その他に、パーティの定番サラダ2種。パーティの時はいつもこれを作るのです。
・トマトとキウイのバジルサラダ
・タコのマリネサラダ
ご飯ものは、
・わかめごはんのおむすび
デザートには、
・チーズケーキ
といったところでしょうか。盛りだくさんですが、あっという間にそれぞれの胃袋におさまっていきますw
KRUGは、泡モノマニアのアートディレクターひのさんのセレクト!残念ながら急用でパーティには来られなかったのですが…大丈夫です、ひのさんの分も飲んでおきましたから!

定番サラダ2種、KRUGのシャンパン! そして夕暮れにはキャンドルを灯して…

定番サラダ2種、KRUGのシャンパン! そして夕暮れにはキャンドルを灯して…

最後にレシピをご紹介。どれもシンプルな材料でカンタン調理なので、ぜひお試しあれ。

【鶏肉のタンドリー風】
粉末のカレー粉とヨーグルトを混ぜ合わせ(量は適当に、それっぽい色になればOK)、鶏肉をつけ込む。冷蔵庫で一晩。グリルで焼く。

【鶏肉のレモン&ガーリック味】
鶏肉は塩こしょうする。ガーリックとレモンはスライスし、鶏肉にまぶす。白ワインとオリーブオイルをふりかけて冷蔵庫で一晩。グリルで焼く。

【きのこのホイル焼き】
エリンギ、しいたけ、えのき、しめじなど数種混ぜ合わせて、ホイルの中央に置く。塩こしょうをやや多めに、上にバターをのせ、ワインをふりかけたら、ホイルできっちり包む。グリルで焼く。食べる時に少しお醤油をたらしてもおいしい。

【トマトとキウイのバジルサラダ】
フルーツトマトとキウイを適当な大きさにカットする。トマトとキウイは同量くらいのバランスでOK。キウイはあまり熟していないものの方がサラダっぽいシャクシャクした食感が味わえるのでおすすめ。オリーブオイル、塩こしょう、ちぎったバジルの葉と共に混ぜ合わせ、少しおいて味をなじませる。

【タコのマリネサラダ】
タコは茹でたものか蒸したものを用意。生を買ってきて茹でてもよい。7~8mm厚にスライス。
マリネ液は、タマネギのみじん切り(1個)、オリーブオイル(100ml)、ワインビネガー(大さじ3)のバランスで。マリネ液にスライスしたタコとパセリのみじん切りを加え混ぜる。これも冷蔵庫で一晩。

そうそう、今回の写真は全てIKEAの回でも登場したやっち撮影の写真を使わせてもらいました。他にも写真がたっぷりアップされているので、ぜひこちら(やっちのFlickr)もどうぞ。

再びIKEAへ

Wednesday, May. 27, 2009

ちなみに…My first IKEAはストックフォルムのIKEA本店

ちなみに…My first IKEAはストックフォルムのIKEA本店

先日港北店に行ったところで、IKEA熱に火がついた…というわけではないですが、まだ行ったことのない新三郷店に行ってみようと再び車を走らせる。これで、船橋、港北、新三郷と関東圏のIKEA全制覇ですわ♪

ちょっとここでアクセス比較。都内から車で行く場合のご参考に〜
【船橋店】
×花輪IC下りてから近いのはいいのだが、近接している「ららぽーと」目的の車も多いため、インター下りる前から渋滞…
×周囲の道路が整備されていないため、閉店時間直後は、やはり「ららぽーと」帰りの車と一緒に周辺大渋滞祭り。

【港北店】
○港北IC下りてすぐ。行きも帰りもインター周辺の渋滞はなし。
△ウチ(代々木)から行く場合、第三京浜に乗るまでが遠い。246が渋滞してると意外に時間がかかる。

【新三郷店】
△三郷IC下りてから若干距離はあるが、広い道が整備されていて行きやすい。
○首都高C2ラインが開通したおかげで、ウチ(代々木)のすぐ近くから高速にのれる。

まとめると…
高速道路へのアクセスとIKEA周辺の道路事情を考慮すると、世田谷区など第三京浜へのアクセスが便利な場合は港北店が、渋谷区や新宿区など首都高C2ラインへのアクセスが便利な場合は新三郷店がおすすめ。というところでしょうか。
基本的に、扱っている製品は同じ、店舗レイアウトも同じ、サービスも同じですから、アクセスの善し悪しはどの店に行くかの判断材料としてとても大事。

この8桁の数字

この8桁の数字

あ、それから今回使ってみて便利だったのが、在庫を電話で問い合わせるという方法。もちろんウェブサイトの商品ページには「在庫を確認」というボタンがあって、目的の商品がこれから行こうとしている店舗にあるか、の確認ができるというしくみになっている。

たまたま見つけた商品が限定商品のためか「在庫を確認」ボタンがついてなく、店舗に電話したところ自動音声での対応。アナウンスに従って商品につけられている8桁の数字を入力すると、自動音声ですぐに在庫を教えてくれた。必要にして十分な対応である。この程度のことでAnnaへ質問する必要もないだろうw
ウェブサイトではなく紙カタログ見ながらでも在庫の確認ができるし、一度買った製品を買い増したい時などにも活用できそう。

で、話だいぶそれましたが、新三郷店では、テラス用のベンチ、植栽用の棚、パーティー用のお皿(割れても悲しくない価格!)などを購入。
これで準備はばっちり〜いつでもBBQパーティできます!!

テラスでBBQ

Monday, May. 25, 2009

BBQと書いてバーベキューって読むって知ってました?私は指摘されるまでずっと「ビービーキュー」って読んでました。
ま、そんなことはさておき、昨年末に引っ越しした自宅のテラスが広いんですわ。ソファやら書棚やらが置いてあるリビングよりも、ど真ん中にベッドが置いてある寝室よりも、一番広々しているのが我が家のテラス。
となればやるでしょ、気候もいいことだし、ビービーキューをw

で、さっそくテラス用のテーブル、チェア、ワゴンなどを調達〜
テラスに置く→雨風にあたる→朽ちる→捨てるという未来を想定して、捨てても惜しくない金額で買えるという観点で白羽の矢がたったのはもちろんIKEA。おぉ、これはちゃんとイケアと読んでますよ。アイケイイーエーでは長くて言いづらいからね。あ、ちなみに英語的に発音すると「アイケア」だそうです。ま、そんなこともいいとして…一路IKEA港北店へと。大物の買い物には男子が必須、ということでコンセントの新人デザイナーやっちと一緒に。

青×黄色のスウェーデンカラーがさわやか…同じくさわやかな新人デザイナーやっちw

青×黄色のスウェーデンカラーがさわやか…同じくさわやかな新人デザイナーやっちw


毎度のことながら、IKEAさんは期待通りの安さで応えてくれました!実は、テラス用とされているチェア&イスのセットは、大きさや色などがちょっと気に入らず、、、室内用のダイニングセットにすることに。テーブル&イス4脚のセットがなんと14,900円!!即決です。

2セット買ってしまおうか、という衝動を抑えつつ、イス4脚では足りないのでスツールを物色。スツールはなんと1脚799円!!安いから10脚くらい買っちゃう??という暴走モードを抑えつつ、、ま、まっとうに4脚購入。あとは、キャンドルを入れるランタンやら細々としたものを選んで…なんと合計で20,000円でおつり!!
いい買い物したわ〜何も無かったテラスが一気におもてなしテラスに変身しました。

こんなんになりました〜

こんなんになりました〜

ZED and Corteo

Sunday, May. 24, 2009

zedシルク・ドゥ・ソレイユZEDを観てきました。
日曜日の朝、浦安まで軽くドライブ〜30分ほどでシルク・ドゥ・ソレイユ シアターに到着。SaltimbancoAleguriaQuidamも日本での公演はほとんど観ているのだが、残念ながらラスベガスなどの常設の劇場を訪れたことはなく、こんなに近いところに劇場があるなんて本当にうれしい限り。

13時スタートなので、軽く昼ゴハンを食べてから〜と思うが、シアターロビーは12時にならないと開かないそうだ。気合い入れて早く到着してしまったので…仕方なく隣のアンバサダーホテルで昼ゴハン、というか朝から何も食べてなかったのだ。朝ゴハンですな。

さて、スタート。お決まりのクラウンの登場から舞台を覆っていたカーテンがするりするりと開き、舞台の全容が初めて現れる。そして驚きのバンジーのアクト。劇場の空間を存分に使った大きな動きは、空中なのにまるで水中にいるかのように優雅で美しく、ため息が出るほど。

が、一点だけどうも気になった。この演目の主人公である「ZED」の役割が分かりづらいのだ。パンフレットを読むと「孤独な主人公」とあるのだが、それゆえかどのアクトともあまり絡まず、ちょっと浮いているくらいの存在感。派手なアクトをするわけでもなく、クラウンのように観客いじりをするわけでもなく、アクトとアクトの間に登場する彼をどう捉えていいか分からず、その「浮いた感」がずっと気になったままステージが終了してしまった。うーん。

今月初めにCorteoの最終日の公演も観てきたのだが、個人的にはこちらの方が好み。Corteoはドリーマー・クラウンという1人のクラウンが主人公。その主人公を取り囲んで愛に満ちたドラマが繰り広げられるのだが、ステージのまとまり、客席との一体感は素晴らしかった。

もちろん、それぞれのアクトはとてもとてもレベルが高く、シルククオリティなのは十分分かってる。軽々とやっているように見えて、どれだけ神業かも。音楽、照明、ステージ技術なども、相当ハイレベルなものということも。なのに、というかそれだからこそ、それぞれのアクトには感動したのだか、全体のストーリー、舞台の世界観に没頭できなかったのが残念だった。

Corteoは11月に凱旋公演があるので、もう一度行く予定。ヤフオク頼みは心臓にもお財布にも厳しいので、早めの予約が必須ですなw
ZEDは常設会場で同じ公演をずっとやるわけだが、人間が行うパフォーマンスは毎回ピタリと同じというわけには行かない、また演出などを少ずつ変えたりマイナーバージョンアップをしていくこともあるだろう。今回はレギュラー席だったので、日を空けてまた別のアングルからもう一度観てみたいと思う。